読書が苦手な方へオススメ。amazon audible。

どんなときもWiFiを実際に使ってみて分かったメリット・デメリット【口コミ・レビュー】

ユーザー

どんなときもWiFiって最近よく聞くけどどうなの?

と気になっている方も多いと思うので、どんなときもWiFiを実際に契約して使ってみて分かったメリット・デメリットを本音でレビューします。

ちょうど使用していたWiMaxが更新期間だったので、どんなときもWiFiを契約してみました。

ちなみに、答えを先にいうとどんなときもWiFiの方が断然回線速度も安定していてオススメです!と声を大にして言いたい。

どんなときもWiFiのメリット

  1. 通信制限無し(使い放題)
  2. 通信速度が安定している
  3. 即日発送
違法ダウンロードであったり、ネットワークを占有しない限り通信制限はありません。要は悪いことをしなければ無制限で使えということです。

どんなときもWiFiはAU、Docomo、SoftBankの中から最適な回線を自動で掴んで通信するので、速度も安定しております。

注文してから都内の方だと即日で届くようです。

私は神奈川在住なのですが、契約手続きをしてから2日後に届きました。

どんなときもWiFiはこちらから

どんなときもWiFiのデメリット

  1. WiFiが少し大きい
  2. 海外で使うのは微妙
  3. 深夜稀に遅い時がある


WiFiが少し大きい。iPhoneXSより少し小さいくらいですが、WiFiの部類でも大きい方だと思います。外に持ち運ぶ場合はもう一台スマホを持つというイメージで良いでしょう。

どんなときもWiFiを海外で使ってもLTE回線1日1Gまでしか使えないんですよね。以降、384kbps。正直海外で使うのには微妙。

速度安定しているのですが、稀に深夜(25時頃)遅いことがありました。いや深夜に何見てるの?って動画です。普通の動画。

どんなときもWiFiとWiMaxの通信速度比較

午前10時頃

どんなときもWiFi

WiMax

16MbpsのどんなときもWiFiの勝利。

21時前

どんなときもWiFi

WiMax

12MbpsのどんなときもWiFiの勝利。

24時前

どんなときもWiFi

WiMax

9.2Mbps どんなときもWiFiの勝利。

 

どんなときもWiFiの圧勝でした。

 

WiMaxはWX01のWiMax2+を使用。

やはり通信制限無し+3大キャリアの回線を掴めるどんなときもWiFiが強いです。

これが都内とかであればWiMaxの通信速度が上回るかもしれませんが。

安定を取るならどんなときもWiFi一択だと思います。

どんなときもWiFiの契約方法

どんなときもWiFiの申し込みフォームに行く

・クレジットカード払い or 口座振替 どちらかを選択。クレカ払いの方が安いのでそちらがオススメ

・好きな端末のカラーの選択

・充電器オプションで購入するかしないか(microUSBケーブル持っていない場合は安いAmazonで購入が良い)

・安心保証は持ち運ぶなら入った方がいいかも(僕は入っていない)

・お客様情報、住所、クレカ番号等の入力で完了

所要時間は大体5分くらい。面倒だと思ったら速攻終わりました。

どんなときもWiFiかWiMaxどちらが良いのか

都内ならWiMaxも有り。それ以外ならどんなときでもWiFiがオススメ。

結構、WiMaxからどんなときでもWiFiに流れているポケットWiFiユーザーが多いようです。実際に僕の周りもWiMax安定しない、●ソだという意見が多いです。

もちろんそれは住んでいる場所に寄るのでしょうけど。ただ100Mbps超えたことなんて4年間くらいWiMax持ってましたけど、一度もありませんでした。

両方使ってみた結果、今2019年10月現在ポケットWiFiを選ぶならどんなときでもWiFiが一番正しい選択だと個人的に思います。

わざわざWiMaxを解約してまで乗り換えるので、つまりはそういうことです。少しでも不便だと感じたらユーザーは他のサービスに乗り換えます。

仕方のないことですね。またどんなときもWiFiを使っていて何か問題が出てきた場合は記事にしたいと思います。

どんなときもWiFiはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です