ゆるく、楽しくをモットーに

エクストレイルt31で河口湖周辺をドライブしてきた

車を購入した翌日、さっそく友人を連れて河口湖周辺までドライブに行ってきた。

エクストレイルt31を購入。この車でアウトドアライフを楽しみたい。

エクストレイルt31 で初の高速道路

排気量は2000cc 。

パワーもそこそこなので運転が楽。乗り心地も良いので高速道路も快適。

最&高。

追い越し車線は後続車がガンガン飛ばしてくるのでちょっと怖い。 明らかに法定速度を超えたスピードで抜かしてくる車をDQNと連呼しながら河口湖に向かっていた。

ウィンカーも出さずに車線変更してくる人は何なんだろう。ウィンカー出すのも面倒なのか。僕には気持ちが分からない。

運転するドライバーである以上、ルールはしっかりと守ってほしい。

河口湖に到着

そうこうしてるうちに河口湖に到着。

天気は曇り。

富士山は曇に隠れていて姿を見せてはくれなかった。富士山が見えるロープウェイに向かおうとするも案内のおじさんに『やめとけ、意味ねーぞ』と忠告を食らった。

まぁ 間違いない。正論だ。

ということで河口湖を一周する途中で見つけた道の駅に駐車して一休み。

湖の周りには芝生の広場があった。僕と友人は一眼レフを手に持ち、少年のように芝生の広場へと駆け下りていった。

あいにくの曇り空だが、目の前に広がる芝生と広大な河口湖のロケーションは最高だった。

快晴だったら芝生の上に寝っ転がるのになーと思いつつ、何を思ったのかお気に入りのノースフェイスのバックパックを芝生の上に置いていい感じの写真を撮り始めた。現像して改めて見たけど超カッコいい。

ノースフェイスのバックパックというだけあって河口湖をバックに撮ってみたのだがとても様になる。芝生の緑も良い色している。ノースフェイスのバックパックの中でもお気に入りのbig shot。本当カッコ良くて32Lも入るので重宝している。質も良し。

こんな小さなこと昔は感じなかったのに歳とったからか、もしくは去年から写真を本格的に撮り始めたからかどっちなんだろう。

芝生の広場でフリスビーを投げて遊んでる大学生も楽しそうだった。見てるだけでなんだか心地良かった。

河口湖最高だな。車で2時間もかからないのにこんなのほほんとできる大自然があるなんて。

日頃、会社という闇の巣に篭って無心で仕事しているから小さな日常でも清々しい気分になれるんだろうな。

芝生の上なら綾鷹のほうじ茶さえも映える。ちょっと斜めに傾いてるのが逆にいいかも。

休憩後、アイスクリームを頬張ってから次は涼しいスポットに行きたかったので鳴沢氷穴に向かった。

大混雑の鳴沢氷穴

鳴沢氷穴はものすごい行列だった。

日本各地に異例の猛暑日が続いていたせいか、氷穴ような避暑地は大混雑するのも当然だ。

1時間近く並び、入り口手前で頭上を守るためのヘルメットを着用し、鳴沢氷穴に入れた。

鳴沢氷穴の入り口からはドラクエのマヒャド並みの冷風が吹いていた。

山奥なので、もちろん氷穴は森に囲まれている。

階段を下っていった内部は想像以上に暗くて寒い。足元は滑る箇所もあるので要注意。ハイヒールを履いている女性は長靴に履き替える必要がある。

天井が90cmくらいの箇所もあり、体を縮こめながら進む箇所もあるので、足腰が弱いお年寄りの方は行かない方が懸命だと思った。

見所は氷穴の内部の氷柱や氷。

まるでモンスターハンターの世界のようだった。氷穴内の気温は10度以下。

アドベンチャー好きの方にはオススメの観光スポット。

暗かったので写真が全然撮れず。。写真を撮るなら高感度カメラ、超広角レンズは必須。

地上に出れた時は生温さは心地悪かった。結局寒いのも暑いのも嫌だなと思った瞬間でした。

1時間以上並んで氷穴内にいたのは10分くらい。夏は仕方ないですな。

富士見市の白糸の滝へ

最後に滝を撮りたいという話になり、富士見市の白糸の滝へ。

白糸の滝は人はそこまで多くなかった。

心地良かった。実は滝好きなんです。

初めて三脚を使って滝の写真を撮ってみたけど、想像以上に滝を撮るの難しい。

周りの人の邪魔にならないように撮らないといけないのと、余計な草や岩が構図の中に入ってしまったりで思うように写真が撮れなかった。壮大な滝を撮りたいので超広角レンズが欲しい。

今狙ってるのはSEL1635ZかSEL1635GM辺り。SEL1635GMは本当写りが良いみたい。値段は20万オーバー・・・

今回使用した三脚はこちら。持ち運びできるサイズ且つ、値段の割には作りが良いのでオススメ。

帰りのドライブで富士山が顔を出してくれた

富士山よ。お前はなんて美しいのだ。ナイス。

数分後、富士山は雲に覆われましたとさ。

夕食はハンバーグで有名な「さわやか」へ

帰りに温泉に寄った後、静岡の有名なハンバーグレストラン「さわやか」に行きました。

げんこつハンバーグとライス大を注文。げんこつサイズの大きなハンバーグが2つ出てきた。

会計は2人で3000弱。激安。東京なら5000円は行くハンバーグが1人1500円ちょっとで食べれるなんて、静岡県民羨ましすぎる。味は人生で一番美味しいハンバーグに無事認定されました。絶対行くべき。

ちなみに日曜の夜7時ごろ向かったのですが、2時間待ち。。

御殿場店だったからかな? 店員の接客もとても良くてまた行きたくなる店No.1でした。

まとめ:車 × カメラの相性はバツグン

iphoneで撮影

ブログで改めて振り返って、車 × カメラの相性はバツグンだなと。

重さは気にならないし、電車では行きづらかったスポットに気軽に行けて最高。

写真の幅が広がった気がする。

もっと良い写真が撮れるよう、どんどんカメラスキルも伸ばして行きたいなと思った楽しいドライブでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です