読書が苦手な方へオススメ。amazon audible。

アプリ開発エンジニアを目指すキッカケ|残業と休日出勤に追われる日々

本日は6月14日日曜日。

ようやく6月の後半を迎える頃ですが、何と僕6月は残り3日しか休めません。

そう、仕事が忙しいのです。

平日月曜〜金曜は3時間残業。帰って風呂入って、飯作ってスマホ見てたらあっという間に12時すぎて寝床につく生活です。

そしてトドメは土曜の休日出勤。残業こそはありませんが、1週間7日間の内、休日が1日しか休みがないと言うものは誠に辛い物です。

こんな仕事に追われ続ける人生って楽しいのでしょうか。

もちろん残業代はしっかり支給されるので嬉しいのですが、果たしてこれって理想の働き方なのでしょうか?

職場の人は僕のような疑問や愚痴は大して口にせず、黙々と働いてます。

「コロナの影響で倒産に追い込まれ、仕事がなくなった人もいるのにお前は何言ってるんだ?」

「仕事があるだけでも感謝しろ」

と言う声が多く挙がるのですが、そもそもこんだけ技術が発達している世の中なのに昔と変わらず、1日8時間も働かせられてるのに疑問しか感じません。

会社側は現場の改善要望には見向きもせず開発部門にばかり投資しかしないので、未だにクソ効率悪い仕事や昭和の機械を使って現場仕事をやらせられてるのです。

それに現場仕事となると在宅ワークなんて物は存在しません。

雨が降ろうとも、台風が来ようとも会社に出勤せねばならんのです。

コロナ第二波が来ても、現場に出て出勤しなければならない・・・ それでも在宅ワークとは給料は変わらないのです。

アプリ開発エンジニアに転職を目指します

丁度、youtubeを見てて面白そうだなと思った職種がありました。

アプリ開発エンジニアです。

自分が考えたサービスやアプリを開発リリースしてお金を稼ぐって物づくりに比較的に近い物で面白そうじゃないですか?

とりあえず長時間PCと睨めっこ状態が続くとは思いますが、人間慣れるものなのでflutterを用いてアプリ開発に挑戦してみます。

僕自身凡人なので勢いで転職したりはせず、ある程度個人でどこまでの物が作れるか、アプリ開発のような仕事は楽しいのかを自分の目と手で実際に確かめて本格的に転職したいと思います。

時間はかかりますが、残業のない日は1日3時間、休日は12時間くらい作業していく予定です(あくまでも目安w)

200〜300時間くらいかけてみてアプリ開発が面白くない・合わないなと思ったら次の何かを探します。

アプリ開発の進捗はちょくちょくブログに載っけていきます。

そして最近は、しまぶーさんの影響でjavascriptも気になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です